スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぎさ「マミの作ったチーズケーキが食べたいのです!」



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:09:34.15 ID:R2PKXHhU0
マミ「今日は佐倉さんが遊びに来るわよ」

なぎさ「杏子がくるのですか?」

マミ「えぇ、佐倉さんの好きなケーキを焼いて待ってましょう」

なぎさ「マミの作ったチーズケーキが食べたいのです!」

マミ「佐倉さんの好きなケーキはなぎさの好きなチーズケーキじゃないわよ?」

なぎさ「杏子はチーズの偉大さがわかってないのです……」

マミ「また明日にでもチーズケーキは作ってあげるからね」

なぎさ「わかったのです……」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:13:31.43 ID:R2PKXHhU0
ピンポーン

マミ「はーい」

ガチャ

杏子「よっ遊びに来たよ」

マミ「いらっしゃい、今ケーキを焼いてるところだからちょっと待っててね」

杏子「へぇ、いいタイミングにきたってわけだ」

なぎさ「……」ジィー

杏子「ん?なんだよなぎさ」

なぎさ「タダ飯食いに来たのです?」

杏子「……」

杏子「なぎさ、うめぇ棒チーズ味くうかい?」

なぎさ「チーズ!」

杏子「ほれほれ」ヒョイ

なぎさ「杏子とれないのです!意地悪なのです!」ピョンピョン

杏子「冗談だよ、ほら」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:17:00.06 ID:XXBVuOXt0
和む



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:18:06.64 ID:R2PKXHhU0
なぎさ「えへへ」

杏子「そこまで喜ばれるとは思わなかったよ」

なぎさ「なぎさはチーズを愛しているのです」

杏子「マミの家に遊びに来るときはお前にお布施として持ってきてやるよ」

なぎさ「当然なのです、人の家に上がるなら礼儀は大切なのです」

杏子「お前も住んでるって言ってもマミの家なのにいってくれるじゃんか」クシャクシャ

なぎさ「髪の毛をくしゃくしゃにするのはやめるですー」

マミ「おまたせ、ふふっ仲良しさんね」

なぎさ「マミ、杏子がなぎさをいじめるのです」

マミ「あら本当?お仕置きしないといけないわね」

杏子「そんなことしないって」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:24:04.31 ID:R2PKXHhU0
マミ「どう?美味しい?」

杏子「やっぱマミのケーキはうめぇな」ホムホム

なぎさ「チーズケーキじゃないのが悔やまれるのです」ホムホム

マミ「ふふっ」パシャ

杏子「お、おい何撮ってるんだよマミ」

マミ「二人して口元にクリームを付けて可愛いから」

なぎさ「杏子はお子様なのです」

杏子「そういうお前もお子様ってことじゃねぇか!」

なぎさ「なぎさはまだ小学生なのです」

杏子「う……とにかくさっきの写真消しとけよ」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:29:26.15 ID:R2PKXHhU0
マミ「ほらなぎさ、こっちを向いて」フキフキ

なぎさ「くすぐったいのです」

マミ「佐倉さんも」

杏子「クリームなんて自分で拭えるっての!」

マミ「恥ずかしがりやねぇ」

なぎさ「杏子の顔が真っ赤なのです」

杏子「うっせー!」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:32:51.74 ID:KhtykFPg0
マミなぎあんはよいものだ



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:35:10.61 ID:R2PKXHhU0
―――――
―――

杏子「じゃ、邪魔したね」

マミ「送って行きましょうか?」

杏子「はぁ?あたしは魔法少女だっての」

なぎさ「魔法少女でも頼りないのです」

杏子「なぎさぁ、あんまり調子にのるなよ?」クシャクシャ

なぎさ「髪をくしゃくしゃするのはやめるのですー」

マミ「ふふっなぎさと佐倉さんは本当の姉妹みたいね、羨ましいわ」

なぎさ「杏子なんかと姉妹なわけないのです!マミと姉妹の方がずっといいのです」

杏子「へいへい、んじゃまたなマミ、なぎさ」

マミ「えぇ、またね」

なぎさ「おとといきやがれなのです」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:38:06.83 ID:R2PKXHhU0
マミ「今日は佐倉さんに遊んでもらえてよかったわね」

なぎさ「杏子はいつもなぎさの髪をくしゃくしゃにするのです」

マミ「それだけなぎさが可愛いってことよ」

なぎさ「そう思えないのです」

マミ「そろそろお風呂に入ってきなさい」

なぎさ「わかったのです」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:41:09.35 ID:R2PKXHhU0
―翌日―

マミ「今日は美樹さんが遊びに来るわよ」

なぎさ「さやかがくるのですか?」

マミ「えぇ、今日もケーキを焼いて待っていましょう」

なぎさ「今日こそチーズケーキなのです!」

マミ「ごめんね、材料がなかったみたいだからチーズケーキは明日にしましょう」

なぎさ「残念なのです……」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:43:43.11 ID:R2PKXHhU0
ピンポーン

マミ「はーい」

ガチャ

さやか「マミさんこんにちはー遊びに来ました」

マミ「いらっしゃい、上がって」

さやか「おじゃましまーす」

なぎさ「さやか!」

さやか「やっほなぎさ、6Pチーズのおみやげだよ」

なぎさ「さやか大好きなのですー」ギュー

さやか「あはは、初い奴め」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:48:30.84 ID:R2PKXHhU0
マミ「今ケーキを焼いてるところだからちょっと待っててね」

さやか「え?マミさんのケーキがもらえるなんてラッキー」

なぎさ「さやか、遊ぶのです!」

さやか「何して遊ぶ?」

なぎさ「うーん……魔女ごっこ?」

さやか「あ、あははそれはちょっと洒落にならないかなー」

さやか「なんかなぎさと一緒に魔女になるってやってた気がするんだよね」

なぎさ「?」

さやか「よーし2人でババ抜きしよう」

なぎさ「それは全然楽しそうじゃないのです」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:54:21.46 ID:R2PKXHhU0
さやか「じゃあさやかちゃんがマジックをしてあげよう」

なぎさ「魔法少女がマジックしても信用できないのです」

さやか「確かに……」

なぎさ「さやかは馬鹿なのです」

さやか「なんだとー」コチョコチョ

なぎさ「や、やめるのであははははくすぐったいのです」

マミ「おまたせ、あんまり暴れちゃだめよ?」

さやなぎ「はーい」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:57:10.19 ID:D7qOl1hpO
かわいい
実にかわいい



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 22:59:54.50 ID:R2PKXHhU0
さやか「んーおいしー」

マミ「そう、よかったわ」

なぎさ「次こそチーズケーキなのです!」

マミ「うーんでもまだ試してみたいレシピがあるのよねぇ」

さやか「え?まだまだ新しいケーキ作ってるんですか!」

マミ「美味しいかどうかわからないけどね」

なぎさ「最近マミは創作ケーキにはまっているのです」

さやか「なぎさはいつも食べられるんだいいなー」

なぎさ「でもチーズケーキではないのです……」

さやか「それでもいいじゃん羨ましい」

マミ「あら、じゃあ美樹さんも私の家に住む?」

さやか「あはは、今度杏子と泊まりにきますね」

マミ「ふふっ楽しみにしているわ」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:03:11.78 ID:InN1bPAt0
!すでのな



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:05:27.86 ID:R2PKXHhU0
―――――
―――

さやか「さて、そろそろ家に帰って杏子と宿題しますかね」

なぎさ「もう帰っちゃうのですか?」

さやか「さやかちゃんも忙しい身だからね」

マミ「また遊びに来てね美樹さん」

さやか「その時はまた何かチーズでも買っていきますよ」

なぎさ「チーズ!」

マミ「もう、あんまりこの子を甘やかしちゃダメよ美樹さん」

さやか「まぁまぁ、よく食べてよく寝よっていうじゃないですか」

マミ「もう……」

さやか「それじゃ」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:10:21.85 ID:R2PKXHhU0
マミ「今日は美樹さんに遊んでもらえてよかったわね」

なぎさ「さやかは遊んでいると楽しいのです」

マミ「あら、美樹さんになぎさをとられちゃったかしら?」

なぎさ「でも1番はマミだから安心するのです」

マミ「ふふっよかったわ、今日も夕飯の材料を買いに行きましょう」

なぎさ「チーズケーキの材料も忘れずに買うのです!」

マミ「そうね、買いに行きましょう」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:16:33.34 ID:R2PKXHhU0
―翌日―

なぎさ「チーズ……チーズケーキ……」

なぎさ「さやかのくれたチーズももうないのです……」

なぎさ「でも今日こそチーズケーキなのです!」

ガチャ

マミ「ただいま」

なぎさ「おかえりなのです」

ほむら「おじゃまするわ」

まどか「えと、こんにちは」

なぎさ「ほむらと……誰なのです?」ジィー

まどか「あ、えと初めまして、私鹿目まどか」

なぎさ「どこかでみた気がするのです」

まどか「え?」

ほむら「まどかは転校してきたばかりだし気のせいじゃないかしら?」

なぎさ「うーん、気のせいかもしれないのです」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:22:51.60 ID:R2PKXHhU0
マミ「それより自己紹介されたらあなたも自己紹介しなさい」

なぎさ「百江なぎさなのです」

なぎさ「ところで、まどかは魔法少女なのですか?」

まどか「魔法少女……あれ?どこかで……」

ほむら「なぎさは魔法少女にはまっているのよ」ギュ

なぎさ「なんでまどかとほむらは手をつないでるです?」

マミ「こら、そういうのは気がついても言わないの」

ほむら(記憶を戻させないためだけど……)

ほむら「まどかはマミもなぎさも初対面だし学年も違うから緊張してないかと思っただけよ」

まどか「うぇひひ、気を使ってくれてありがとうほむらちゃん」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:28:56.99 ID:R2PKXHhU0
まどか「本当におじゃましてよかったのかなぁ」

マミ「無理に誘ったのは私だから気にしないで鹿目さん」

ほむら「そうよ、どのみちマミとはいずれ仲良くなることになるわよ」

まどか「え?」

ほむら「さやかと杏子もマミと仲良しだからそのうち紹介されるわ」

マミ「鹿目さんのことは実はもう知ってたのよ、暁美さんもいるし一緒にって思ったの」

まどか「そうだったんですか」

マミ「小さくて可愛らしい小学生みたいな子って佐倉さんから聞いてるわ」

なぎさ「小学生ならなぎさと一緒なのです」

まどか「杏子ちゃんひどいよぉ……」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:32:20.98 ID:R2PKXHhU0
ほむら「そうそう、せっかくお邪魔になるならと思ってなぎさにおみやげがあるわ」

なぎさ「?」

ほむら「ブルーチーズよ」

なぎさ「チーズ!ありがとうなのです!」

ほむら「喜んでもらえて嬉しいわ」

マミ「ねぇ暁美さん」

ほむら「何?」

マミ「あなたっていつもチーズをおみやげに持ってくるけど、毎回種類が違うわよね」

ほむら「あの子チーズなら本当になんでもいいのか気になてたのよ」

マミ「妙なことを考えるのが好きなんだから……」

まどか「あんまり変なものあげちゃダメだよほむらちゃん」

ほむら「本人も喜んでるしそこは目をつぶってほしいわ」

なぎさ「美味しそうなのです」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:36:17.68 ID:R2PKXHhU0
マミ「そうだわ、今作りかけのケーキがあるんだけど食べてみない?」

まどか「え?ケーキなんてそんな」

なぎさ(今日こそチーズケーキなのです)

ほむら「マミは自分の作ったケーキを食べさせるのが趣味なのよ」

マミ「あら、自分の作ったケーキで誰かが笑顔になるってとっても嬉しくて幸せになれるのよ?」

マミ「暁美さんだけは笑顔になってくれないけど」

ほむら「今日は笑顔になるかもしれないわね」

マミ「あら、頑張るわね」

なぎさ「ほむらはいつも怖い顔ばっかりしてるのです」

ほむら「素がこれなのよ」

まどか「ほむらちゃんって笑ったらすごく可愛いと思うのになぁ」

なぎさ「あれ?まどかの言葉でほむらが少し優しい顔になったきがするのです!」

ほむら「気のせいよ」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:40:42.11 ID:R2PKXHhU0
まどか「なぎさちゃんは魔法少女にはまってるんだよね」

なぎさ「はまっているというよりなぎさが魔法少女なのです!」

ほむら「なぎさ?」ギロ

なぎさ「ご、ごめんなさい、冗談なのです」

まどか「驚かしちゃダメだよほむらちゃん」

まどか「魔法少女に憧れて自分がそうだって言いたくなるのは普通だよ」ヒソヒソ

ほむら「そうね……ごめんなさいなぎさ」

なぎさ「まどかは優しいのです」

まどか「それで、なぎさちゃんはどんな魔法少女なの?」

なぎさ「えと、悪い魔獣をやっつけて皆が平和に暮らせるように皆で戦うのです」

まどか「うぇひひ、とってもかっこいいね」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:44:47.28 ID:R2PKXHhU0
まどか「皆でってことは他にも仲間がいるんだね」

なぎさ「マミとほむらと杏子とさやかなのです」

ほむら「ちょっと……」

まどか「皆はどう戦ってるのかな?」

なぎさ「さやかと杏子がいつも前に立ってるのです」

まどか「うぇひひ、想像しやすいや」

なぎさ「でも時々2人が喧嘩し始めて呆れながらマミや私が助けたりするのです」

まどか「なぎさちゃんは強いんだね」

なぎさ「なぎさは偉いのです」エヘン



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:49:33.96 ID:R2PKXHhU0
まどか「あれ?ほむらちゃんはどう戦ってるのかな?」

なぎさ「ほむらは私達が戦っている間に私達以上に多くの敵を一人で蹴散らしてるのです」

マミ「私達がピンチになるといつの間にかこっちに来て助けてくれる謎の美少女ね」

なぎさ「そんな感じなのです」

ほむら(使い魔とかみられても面倒だし)

ほむら「こうしてあなたの家に遊びに来ているのに謎でもなんでもないじゃない」

まどか「でもほむらちゃんならそんな役も似合いそうだね」

ほむら「そう///」

なぎさ「ほむらの顔が赤いのです」

ほむら「気のせいよ」

マミ「敵か味方か、謎の美少女暁美さんが鹿目さんというヒロインを救うために私達と共闘することになるのね」

なぎさ「まどかはヒロインなのです?」

マミ「暁美さんの態度をみてたらそんな気がしたのよ」

ほむら「いつもどおりでしょう」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:52:25.07 ID:R2PKXHhU0
ほむら「こういう恥ずかしいことをこの2人は言い出すけど気にしないでね」

まどか「うぇひひ、でもなんだか想像しやすかったよ」

なぎさ「想像も何もほんとムグ!」

マミ「ほらなぎさ、ケーキを食べましょ」パッ

なぎさ「ぷはっ」

ほむら「いただくわ」

まどか「とっても美味しそう」

なぎさ「あれ?チーズケーキじゃないのですか?」

マミ「ごめんなさいなぎさ、ちょっと失敗しちゃって……」

なぎさ「あうぅ……しょうがないのです……」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/01(日) 23:56:24.71 ID:R2PKXHhU0
まどか「わぁ、とっても美味しいです!」

マミ「ありがとう鹿目さん」

なぎさ「やっぱりチーズケーキにはかなわないのです」

ほむら「いつもどおりね」

マミ「なぎさと暁美さんはいつもそれなんだから……」

なぎさ「なぎさはチーズが一番なのです……」

マミ「チーズばっかりなんだから」

ほむら「私はいつもどおりあなたのケーキは美味しいって言っているだけよ」

マミ「暁美さんは素直に美味しいって言ってくれないし……」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんって素直になれないのかなってところあるよね」

なぎさ「ツンデレなのです?」

ほむら「どこでそんな言葉を知ったのよ……」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:00:02.69 ID:W7djF7YQ0
まどか「うぇひひ、美味しくてどんどん食べちゃえるね」

ほむら「そうね」

なぎさ「ほむら、食べ終わったら一緒に特訓するです!」

ほむら「しょうがないわね」

まどか「特訓?」

マミ「さっきの設定の話になるんだけど、魔法少女として強くなりたいって暁美さんに特訓してもらってるの」

マミ「暁美さんだけ一人で戦ってるから内緒で強くなるのにはちょうどいい師匠なのですって」クスクス

まどか「とっても可愛い理由ですね」

マミ「それを私に言ったら内緒になんてならないのにね」ヒソヒソ

まどか「うぇひひ」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:05:37.20 ID:W7djF7YQ0
―――――
―――

ほむら「そろそろお暇しましょうまどか」

まどか「あ、もうこんな時間」

なぎさ「帰っちゃうです?」

ほむら「いつまでもいると迷惑をかけてしまうもの」

マミ「気にしなくてもいいのに」

ほむら「それにまどかには家族がいるから心配してしまうわ」

まどか「……」

マミ「気を使ってくれてありがとう鹿目さん、よかったらこれからもよろしくね」

まどか「はい……」

なぎさ「マミはなぎさの家族なのです、まどかが心配する必要はないのです」

まどか「うぇひひ、なぎさちゃんは強いね」

マミ「私達より暁美さんの心配をしてあげてね」

ほむら「何言ってるのよ、行きましょうまどか」

まどか「うん、おじゃましました」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:09:19.27 ID:W7djF7YQ0
なぎさ「まどかはなんだか初めて話す感じじゃなかったのです」

マミ「あら、それだけ鹿目さんと仲良くなれたってことかしら」

なぎさ「そうかもしれないのです」

マミ「よかったわ、今日は何が食べたい?」

なぎさ「チーズ!」

マミ「もう、いつもチーズなんだから」

なぎさ「なぎさはチーズが一番なのです」

マミ「チーズフォンデュでいい?」

なぎさ「大好きなのです!」ギュゥ

マミ「ふふっ調子がいいんだから」

なぎさ「でも明日こそチーズケーキなのです」

マミ「えぇ、そうね」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:14:02.05 ID:W7djF7YQ0
―翌日―

マミ「なぎさ、もうお昼よ?そろそろ起きなさい」

なぎさ「あと少し寝ていたいのです……」

マミ「だーめ、お休みだからってずっと寝てるなんて」

なぎさ「んー……わかったのです……」

マミ「さ、顔を洗ってきなさい」

なぎさ「んー……」グシグシ

杏子「起きたばかりはまんまガキだな」

なぎさ「杏子?」

さやか「やっほ、遊びに来てるよ」

ほむら「髪がぼさぼさよ」

まどか「おはようなぎさちゃん」

なぎさ「恥ずかしいところを見られたのです……顔を洗ってくるのです!」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:17:51.84 ID:W7djF7YQ0
なぎさ「洗ってきたのです」

さやか「それにしてもお昼まで寝るなんて寝過ぎじゃないのなぎさ?」

なぎさ「お休みの日はゆっくり寝たいのです」

杏子「休みじゃなくてもゆっくり寝ていたいよなぁ」

さやか「あんたは授業中に寝過ぎ!」

まどか「うぇひひ、杏子ちゃんいつも怒られてるよね」

ほむら「もう少しばれないように寝るべきね突っ伏したらバレバレじゃない」

さやか「え?あんた授業中に寝てるの?」

ほむら「眠たい時は寝てるわね」

まどか「全然気が付かなかったよ……」

杏子「方法教えてくれ」

ほむら「頬杖をついて寝ればいいだけよ」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:21:42.86 ID:W7djF7YQ0
マミ「もう、皆ちゃんと授業は受けなさいよ」

ほむら「理解はしているから問題ないわ」

まどか「私はまだついていくのが精一杯かなぁ」

さやか「宿題とかはちゃんとやってますって」

杏子「そうそう、さやかの写してるから大丈夫だって」

マミ「佐倉さんったら……」

ほむら「それはそうとなぎさも起きたことだし」

さやか「そだね、ほいっと」トン

マミ「あら?それって」

杏子「駅前で人気のケーキだよ、たまには私達がってことになって買ってきたんだ」

さやか「で、まどかがなぎさがチーズケーキ食べたそうだったってことでチーズケーキを買ってきたんですよ」

まどか「えと、とってもチーズが好きみたいだったので」

なぎさ「チーズケーキ!」

マミ「あ……」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:26:37.06 ID:W7djF7YQ0
なぎさ「チーズケーキが食べられるのです!」

さやか「そんなに喜ばれると朝から並んで手に入れたかいがあるってもんだね」

杏子「あたしは叩き起こされたからなぁ」

まどか「うぇひひ、すごい人だったね」

マミ「……」

ほむら「マミ?」

マミ「あ、えっと……紅茶いれてくるわね」

ほむら「……」

さやか「あれ?なんかマミさん体調悪いのかな……」

なぎさ「食べてもいいです?」

杏子「好きに食いなよ」

なぎさ「いただくのです」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:31:50.30 ID:W7djF7YQ0
なぎさ「あれ?」ホムホム

まどか「どうかしたの?」

なぎさ「うーん……美味しいけど何か違うのです……」

杏子「チーズケーキはチーズケーキだろ?」

マミ「おまたせ」

さやか「あ、マミさん」

マミ「どうかしたの?」

さやか「なぎさってチーズケーキ嫌いだったりします?」

マミ「え?大好物だと思うけど」

さやか(ってことはもしかして……)

なぎさ「うーん……」

ほむら「私達も食べましょう」

杏子「ん?そうだな」

まどか「あ、うん」

さやか「そだね」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:37:25.54 ID:W7djF7YQ0
ほむら(なぎさ以外皆食べ終わったみたいだし……)

なぎさ「うーん……」

ほむら「なぎさは調子が悪いのかチーズケーキが食べれないみたいだし私がいただくわ」ヒョイ

なぎさ「あー!」

ほむら「美味しいわね」ホムホム

なぎさ「ひどいのです!チーズケーキをとるなんてひどいのです!」

まどか「そ、そうだよほむらちゃん」

ほむら「そう言う割には食べてなかったしいいじゃない」

ほむら「残すぐらいなら私が食べたほうがましよ、ねぇ杏子」

杏子「まぁそりゃ残すぐらいならそうだけどさ……」

さやか「まぁまぁそれよりなぎさがチーズケーキ食べれないなんて休ませてあげたほうがいいって」

さやか「マミさんの家にいるのも悪いしそろそろ行こうよ」

まどか「え?え?」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:38:25.83 ID:W7djF7YQ0
さやか「ほら、行こ杏子、まどか」

まどか「う、うん……おじゃましました」

杏子「またな」

マミ「え、えぇ」

なぎさ「……」

ほむら「なぎさ、今日はごめんなさい」

なぎさ「……」プイ

ほむら「お詫びにマミに頼み込んでチーズケーキを焼いてあげるように言っておいたから」

マミ「え?」

ほむら「それで機嫌を直してもらえないかしら?」

なぎさ「わかったのです……」

ほむら「それじゃあね」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:39:06.10 ID:W7djF7YQ0
ほむら「おまたせ」

さやか「貧乏くじお疲れ様」

ほむら「助かったわ、さやか」

杏子「で、何のつもりだったんだよお前らは」

さやか「いやーなぎさは愛されてるなぁって」

ほむら「そうね」

まどか「どういうこと?」

さやか「ま、いいじゃんそれよりどこ行こっか」

杏子「おいちゃんと話せよ」

ほむら「あの2人が仲の良すぎる姉妹みたいってだけよ」

杏子「?」

ほむら「マミのチーズケーキ食べたいわね」

さやか「そうだねー、よく考えてみると食べたことないんだよねマミさんのチーズケーキ」

まどか「?」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:43:26.20 ID:W7djF7YQ0
マミ(暁美さんと美樹さんにはばれちゃったかしら……)

マミ「チーズケーキを作るわね」

なぎさ「本当なのです?」

マミ「えぇ、今から作るから時間はかかるけど待っててね」

なぎさ「ほむらにとられたからはやく食べたいのです」

なぎさ「火力をあげたらすぐに焼けるのです!」

マミ「そうねぇ、たしかにそれならはやく焼けるわね……」

なぎさ「本当なのですか!」

マミ「真っ黒焦げで美味しくないケーキが出来るわよ」

なぎさ「わかったのです、我慢するのです……」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:44:40.06 ID:W7djF7YQ0
―――――
―――

マミ「おまたせ、チーズケーキよ」

なぎさ「チーズケーキなのです!」

マミ「あんまり暴れるとあげないわよ」

なぎさ「あぅ……」

マミ「はい、召し上がれ」

なぎさ「いただきますです!」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:47:24.34 ID:W7djF7YQ0
なぎさ「美味しいのです!最高なのです!」

マミ「よかったわ」

なぎさ「マミのチーズケーキは最高なのです」ニコニコ

マミ「急いで食べると喉に詰まるわよ?」

なぎさ「大丈夫なのです」ニコニコ

マミ「よかったわ」ナデナデ

なぎさ「どうかしたのです?」

マミ「なぎさがいると幸せって思っただけよ」ナデナデ

なぎさ「なぎさもマミといるのは幸せなのです」

マミ「あら、じゃあ一緒にいたらふたりとも幸せね」

なぎさ「そうなのです!」


マミ(この子がチーズケーキを食べた時の笑顔だけは独占したくなっちゃうのよね)クス


終われ



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:47:59.29 ID:W7djF7YQ0
ただただほのぼのしたかったんだ
おやすみなさい



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:48:28.86 ID:HP/L9CMU0
まじ和んだ、乙



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:50:40.19 ID:5a8mAWgO0
これは癒される




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 00:57:36.22 ID:ERyhX3ki0

非常に良かったぜ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





こんな記事も読んでみませんか?面白い記事がたくさん☆


ゆりプラス+ 最新記事リスト


Twitterで人気な記事ランキング


タグ別関連記事リスト

Pagination

9587: ゆりゆりな名無しさん

すばらしい!
  • 2014/01/22 21:39

コメントを投稿

コメント:登録フォーム



オススメまとめブログRSS


ゆりプラス+ 人気ページランキング(2週間集計中)


Utility

ゆりプラス+について。


Twitterやってます。ふぉろーみー
このサイトについて


シャイニー☆

TOP絵募集中!
↑のリンクから募集ページへ!


|
お気に入りに追加できます。

TOP絵募集中!2015

ついったー

妄想中・・・

にほんブログ村 アニメブログ 萌えアニメ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 アニメブログへ

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

BS blog Ranking
track feed +
フィードメーター - ゆりプラス+
ブログパーツ ブログパーツ
ブログパーツ

\アッカリーン/ 特徴がないのが特徴


アクセスランキング(運営者様用)

検索フォーム(仮)

Loading

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
91位
アクセスランキングを見る>>

FX会社レバレッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。