スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さやか「杏子、あたしと『ルミナス』してみない?」





さやか「ねえ杏子。『ルミナス』って知ってる?」

杏子「『ルミナス』?うーん…知らないなあ。食べ物か?」

さやか「あんたはほんとに食べ物の事ばかりだねえ」

杏子「うるせー」

さやか「まどかが、ほむらに『今日、私の家でルミナスしようよ』って言っててさ。まどかのセリフからして食べ物ではないと思うんだ」

杏子「ふーん…、『しようよ』って事は二人でする事なんだな」

  
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:16:32.95 ID:pOErC+fD0
さやか「ねえ杏子。『ルミナス』って知ってる?」

杏子「『ルミナス』?うーん…知らないなあ。食べ物か?」

さやか「あんたはほんとに食べ物の事ばかりだねえ」

杏子「うるせー」

さやか「まどかが、ほむらに『今日、私の家でルミナスしようよ』って言っててさ。まどかのセリフからして食べ物ではないと思うんだ」

杏子「ふーん…、『しようよ』って事は二人でする事なんだな」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:17:33.68 ID:pOErC+fD0
さやか「それでさ、今からまどかとほむらが、『ルミナス』してるとこを見に行かない?」

杏子「えー」

さやか「なんかすんごい気になるんだよね『ルミナス』。なんかこう、秘密な響きがするじゃない?」

杏子「どうせゲームとかじゃねえの?マミが好きそうなファンタジー系のゲームとか」

さやか「そういうのじゃないと思うんだよね」

杏子「何でそう思うんだ?」

さやか「なんかさあ…、『ルミナス』を口にした時のまどかって、顔を赤らめていて、ちょっと恥ずかしそうだったんだよね。これは何かあるよ!絶対!」

杏子「なるほど…恥ずかしいものなのか…」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:18:43.60 ID:pOErC+fD0
さやか「さあ、今からあたし達、正義の魔法少女である美樹さやかちゃんと佐倉杏子ちゃんは、某中学校の女子生徒Kさんの家を調査しようと思います!」

杏子「親友なのに、覗き見とかしていいのかよ…」

さやか「いったい、中では何が行われているのでしょうか!『ルミナス』という儀式の秘密にせまりたいと思います!」

杏子「あたしは、そんなたいそうなもんじゃないと思うけどな」

さやか「じゃあ杏子は何だと思う?まどかとほむらの二人が、こそこそしながらやってる事だよ」

杏子「えーと…秘密の交換日記とか…」

さやか「おっふ…佐倉杏子ちゃんのピュアピュアぶりに、あたしも思わず、おっふ…っとしちゃったよ」

杏子「な、なんだよー!二人して秘密でやる事とかそれぐらいしか思い浮ばねんだよ!」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:22:01.43 ID:pOErC+fD0
さやか「いい杏子。あたし達は魔法少女なんだよ…。魔法少女は、魔女につうじるものがある…。魔女といえば、秘密の儀式…。なんかこう、邪教的な秘密の儀式が行われたっておかしくないんだよ!!」

杏子「なっ、なんだってー!!邪教とか、神父の娘としちゃ黙って見過ごせねえな!」

さやか「そうだよ!あたし達は正義の魔法少女!親友たちが悪の道に走るのを黙って見ていられるようなさやかちゃんじゃない!!」

杏子「そうだ!そんなのあたしが許さない!」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:24:28.96 ID:pOErC+fD0
ほむら「まどかの部屋に入るのも、結構な数になるわね…」

まどか「そうだね。なんか慣れちゃって」

さやか「むむ!某中学校の女子生徒KさんとAさんが部屋に入りました!しかも二人きりで!二人きりで!」

杏子「しかも結構な数とか慣れてるとか言ってるぞ!おい!これって何回もやってるって事か!?」

さやか「こいつはてぇへんだ!まどかとほむらは暗黒面に染まり切ってるかもしれない!」

杏子「何ィ!すぐに止めないと!」

さやか「いや待つんだ杏子君!」

杏子(杏子君?)

さやか「『ルミナス』がどんなものか見てからでも遅くはない…」

杏子(結局、『ルミナス』がどんなのか見たいだけだろ…)



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:26:08.38 ID:pOErC+fD0
まどか「この前はほむらちゃんが先だったから、今日は私からでいいかな?」

ほむら「ええ、お願いするわまどか」

さやか・杏子(ごくり…)

まどか「それじゃあいくよ///」

スリスリ

さやか・杏子「!?」

ほむら「ふふ。今度は私の番ね///」

スリスリ

杏子「ま、まどかとほむらがほっぺたとほっぺたをくっつけてスリスリしてる!!??」

さやか「理解不能 理解不能 理解不能 理解不能」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:29:01.37 ID:pOSYfDfh0
頬ずりが理解不能って…
さやかってホントバカ



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:29:36.40 ID:pOErC+fD0
まどか「ふぅ…。ほむらちゃんのほっぺたは、やっぱりすべすべしてるなあ///」

ほむら「あなたの方こそ、相変わらず柔らかいほっぺただったわ///」

杏子「おい!お互いほっぺたスリスリしただけで、終わったぞ!どこが邪教の儀式なんだよ!?」

さやか「わけがわからないよ」

杏子「ちぇっ、時間を無駄にしたな。帰るぞ」

さやか「ねー杏子…。あたしたちも『ルミナス』ってのをしてみない?」

杏子「え!?」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:31:26.08 ID:pOErC+fD0
杏子「急に何言い出すんだよ!ほっぺたスリスリするだけだぞ!あんなのどこがいいんだ!」

さやか「だって、まどかとほむらの二人、凄く気持ちよさそうだったよ」

杏子「確かに、二人とも顔を赤らめて、なんか嬉しそうだったかな…」

さやか「でしょー。それに二人とも、満ち足りた顔をしてた…」

杏子「『ルミナス』が何か気持ち良さそうだったのは認める。でも、何であたしがさやかとやらなくちゃいけないんだよ!親友のまどかに頼めばいいじゃん!」

さやか「いやあ、まどかとほむらの二人、なんか二人だけの世界を今作っちゃってるって感じじゃない?そんな中にあたしが二人の世界にお邪魔して、頼むのも空気読めてないかなって思って」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:34:24.78 ID:pOErC+fD0
杏子「ちっ。あたし達余り者同士でやろうってわけかい」

さやか「ねえ杏子はそんなに嫌?あたしとするの?」

杏子「えっ」

さやか「…そうだよね。あたしとなんかしたくないよね…」

杏子「…わかったよ」

さやか「おお!ありがとう杏子!さすが心の友!」

杏子「いっ、一回だけだからな!」

さやか(ふっ、ちょろいな…)



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:37:20.57 ID:pOErC+fD0
さやか「よいしょっと。二人ベンチで並んで…」

杏子「…」ドキドキ

さやか「…どうしたの杏子?早くほっぺたくっつけに来てよ!」

杏子「えっ、あたしから!?さやかから、やれよ!」

さやか「えー…ここは魔法少女として先輩の杏子に、先を譲るのが礼儀じゃない?」

杏子「こういう時だけ先輩扱いかよ…。…わかったよ、じゃああたしからやるぞ」ドキドキ

さやか「う、うん」ドキドキ



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:40:51.08 ID:pOErC+fD0
杏子「…よいしょっと」

ゴツン

さやか「痛っ!もう杏子!どこぶつけてんのよ!」

杏子「ご、ごめん。ほっぺたとほっぺたくっつけるはずが頭と頭ぶつけちゃった…」

さやか「頼りにならない先輩だなあ…。もういい、あたしから先にやる」

杏子「頼む…」ドキドキ

さやか「う、うん」

さやか(何故だが、凄く緊張する…)ドキドキ



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:43:02.78 ID:pOErC+fD0
さやか(えーい、迷うなー!いけー!)

杏子(き、来た!)

ぷにっ

さやか(杏子とあたしの…)

杏子(さやかとあたしの…)

さやか・杏子(ほっぺたがくっついてる!!!!)



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:43:12.82 ID:pEB0n2bE0
ワロタ



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:46:26.09 ID:pOErC+fD0
さやか(…)

杏子(…)

杏子(おい、早くなんかしろよさやか!数十秒このままだぞ///)ドキドキ

さやか(えーと、ここからどうするんだっけ…あースリスリするんだった///)ドキドキ

ズリズリ

杏子「いっ!痛っ!痛いぞさやか!」

さやか「あたしも痛い!」

さやか(緊張しすぎたせいか、めっちゃ力んでやっちゃった…)



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:49:57.43 ID:pOErC+fD0
杏子「へたくそー!」

さやか「へ、下手とは何よ!あんたなんかほっぺたくっつけるどころか、頭ぶつけてきたじゃない!」

杏子「あ、あれは緊張して手元が、狂ったんだ!手なんか使ってないけど」

さやか「おかしい!まどかとほむらだと、あんなに二人とも気持ち良さそうだったのにあたし達じゃ全然上手くいかない!」

杏子「はぁん!さやかが下手だからだろ。まどかか、ほむらとやったら上手くいったんだろうな」

さやか「何をー!あたしだって、まどかとやったら上手くできるはず!」

杏子「なっ!誘っておいて、それかよ!」

さやか「あんただってー!!」

さやか・杏子「ぐぬぬぬぬ…」

マミ「はーい二人ともそこまでよ!喧嘩はやめて」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:52:33.06 ID:pOErC+fD0
さやか「マミさん!いつの間に!」

杏子「マミ!いつからいたんだ!?」

マミ「自分たちも『ルミナス』しよっかって言ってるあたりからよ」

さやか「じゃあ、ほとんど最初から見てたんですね///」

マミ「そうね。二人の初々しさったら見ものだったわよ。二人とも、とっても可愛かったわ」

杏子「うわあああ!!忘れろー///」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:54:55.46 ID:pOErC+fD0
さやか「じゃあ、マミさんは『ルミナス』がどんなものか知ってるんですね」

マミ「ええ『ルミナス』の経験たっぷりよ」

杏子「マミー、さやかに『ルミナス』を教えてやってくれよ。こいつ下手くそすぎる」

さやか「あんたに言われたくないわよ!マミさん!杏子にこそ『ルミナス』を教えてあげて下さい!」

マミ「ふぅー…。二人とも、全然なってないわ…。そんなんじゃ気持ちのいい『ルミナス』はできないわね」

さやか・杏子「!?」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:56:42.89 ID:pOErC+fD0
マミ「いい二人とも。『ルミナス』には相手を思いやる気持ちが大事なの。お互いが相手を思いやってこそ、正しい『ルミナス』はできるのよ」

さやか「思いやる…」

杏子「気持ち…」

マミ「そうよ、優しさともいうわね。それじゃあ、私がお手本を見せようかしら。佐倉さんからでいい?」

杏子「えっ、あたし!?さ、さやかからでいいよ」

さやか「なんでびびってんのよ、このへたれ!」

マミ「それじゃあ美樹さんからさせてもらうわね」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:59:18.52 ID:pOErC+fD0
さやか「…」ドキドキ

マミ「どうしたの美樹さん?そんなに緊張しないで」

さやか「は、はい///(傍にいるとマミさん、凄くいい匂いがする…)」

杏子(見てるあたしもドキドキしてきた…)

マミ「それじゃあいくわよ…」

さやか(マ、マ、マミさん顔近ああああい!!!)



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:02:56.77 ID:pOErC+fD0
スリスリ

さやか「!!??」

さやか(柔らかああああい!!!!)

さやか(マミさんのほっぺたすんごく柔らかい!!)

さやか(それとほっぺたから、マミさんの温度が伝わってくる!!)

さやか(そして、なんだろうこの安心感…?)

さやか(はっ!これは恭介が奏でる曲を聴いた時に感じる安心感!!マミさんの『ルミナス』はそう、まるで耳に心地よいオーケストラのようだよ!!)



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:05:25.75 ID:pOErC+fD0
杏子(…さやか、凄く気持ちよさそうだ…)

マミ「…どうだった美樹さん?」

さやか「…もう最高ッス!天国にも昇る気分です!」

杏子「マミ!あたしも!あたしも!」

さやか「さっきまではびびってたくせに」

マミ「慌てないで佐倉さん。慌てなくったって時間はたっぷりあるわ」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:08:11.08 ID:pOErC+fD0
マミ「それじゃあ佐倉さん、顔を近づけて」

杏子「お、おう」

さやか(杏子のやつ、緊張しすぎだろ…あたしも人の事いえないけど…)

スリスリ

杏子「!!??」

杏子(何これ!?凄く気持ちいい…マミのほっぺたマシュマロみたい…)

杏子(そしてなんだろう、この暖かさは…)

杏子(そうだ…これは遠くの昔に忘れていた母さんの温もり…)



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:11:15.56 ID:pOErC+fD0
杏子「うっ…」

さやか(杏子泣いてる!?)

杏子「お、お母さーん…」

マミ「え?」

さやか「杏子、もしかして今お母さんって言わなかった?」

杏子「ちっ、ちげーよ!えーっと…マミさんって言ったんだよ!」

マミ「え!佐倉さんがマミさんって呼んでくれた!また昔みたいにマミさんって!」

さやか「ほほぅー、杏子ってば昔はマミさんって呼んでたんだ」ニヤニヤ

杏子(しまった!)



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:13:53.34 ID:7t6OaXn20
あんこちゃんペロペロ



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:14:17.69 ID:pOErC+fD0
杏子「そうだよ!昔はそうだったんだよ!昔はな!悪いかよ!」

さやか「別にー」ニヤニヤ

マミ「ふふっ、これからもマミさんって呼んでくれてもかまわないのよ」

杏子「やなこった!」

さやか「素直じゃないなあ」

マミ「ふふっ、昔といえば佐倉さんと『ルミナス』をした時、昔の佐倉さんを思い出したわ」

マミ「昔は、何か怖い夢を見たり強い魔女と戦った後は一人で眠るのが怖いって言って、一緒に寝てほしいって頼んできたんだったかしら…」

さやか「なんですと!」

杏子「わーー///」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:17:04.29 ID:pOErC+fD0
マミ「それでね、二人でいっしょのベットに入ると、佐倉さん安心してすぐ寝ちゃうの」

マミ「その時の寝顔が可愛かったし、毎回ほっぺたを撫でてあげるんだけど、とても柔らかかったわ…(遠い目)」

さやか「くぅ~!ぜひともその光景を見たかった!いや、そのお話を聞けただけでも十分ですマミさん!」

杏子「忘れろー!!」ジタバタジタバタ



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:20:22.41 ID:pOErC+fD0
マミ「さあて昔話は終わりにして、『ルミナス』の続きよ。身をもって理解した今ならちゃんとできるはずよ。それじゃあ今度は美樹さんと佐倉さんの二人でやってみて」

さやか「それじゃあ、やってみますか杏子さん」

杏子「なんでさん付けなんだよ」

さやか「どっちから先にする?」

杏子「今度はさやかからやってくれよ。また、頭ぶつけたら嫌だし」

さやか「オッケー」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:21:16.23 ID:pOErC+fD0
さやか「それじゃあ、いくよー」

杏子「こ、こい」

マミ(二人とも、緊張してるわねー。特に佐倉さん)

さやか「…そーれ!」

ぷにっ

杏子(きた!)

さやか(えーと、スリスリするんだったっけ。今度は力まないようにと…)

スリスリ

杏子(…)



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:24:10.48 ID:pOErC+fD0
さやか「今度は杏子の番だよ」

杏子「あっ、そうだったな」

杏子(今度は頭突きしないようにしないとな)

ぷにっ

さやか(やっぱ杏子のほっぺた柔らかいな)

スリスリ

さやか(うーん…)



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:27:29.55 ID:pOErC+fD0
マミ「どうだった二人とも?」

さやか「うーん…なんというか…」

杏子「マミとやってる時は気持ち良かったんだけど…」

さやか「物足りないんだよね、杏子と『ルミナス』しても」

杏子「なんか、淡泊なんだよなあ」

さやか「そうそう、マミさんとした時みたいに高揚感が無いよね…」

杏子「マミみたいに肉付きがいい奴じゃないと駄目なのかな」

マミ「あっ?!」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:32:10.34 ID:pOErC+fD0
マミ「私が見たところでは、あなた達二人とも、ただ『ルミナス』をしてるだけって感じだったわよ。最初に言ったでしょ、相手を思いやる気持ちが大事って」

さやか「という事は、杏子に相手を思いやる気持ちが足りなかったんだよ」

杏子「ちげーよ、さやかの方だろ」

さやか「何ですって。あたしのせいなの!」

杏子「そうだよ、さやかには前から優しさってのが足りないと思ってたんだ」

さやか「言わせておけば!!」

マミ「もう止めなさい!こんな事で喧嘩するなんて、私から言わせてもらえれば、どっちも優しさってのが足りてないと思うわ。二人とも譲り合う気持ちってないの?」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:34:30.10 ID:pOErC+fD0
杏子「無い!」

さやか「こっちの方こそ!」

さやか・杏子「ふん!」

マミ(二人とも張り合う気持ちの方が強そうね…)

さやか「杏子はがさつなとこあるけど、もっと思いやりがあって、心が清らかな子だと思ってたよ」

杏子「あたしだって、さやかは馬鹿なとこあるけど、優しくて正義感の強いやつだと思ってた」

さやか・杏子「ふん!!」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:36:35.23 ID:pOErC+fD0
マミ「あちゃあ、二人とも喧嘩したまま帰っちゃった…」

QB「止めなくていいのかい?人間ってのは友情っていう関係を大事にするんだろ?その関係が壊れたままだと生活環境にも支障をきたすって聞いてるけど」

マミ「ふふっ、大げさねキュウべえ。確かにあなたの言うとおりだけど、心配ないわ」

マミ「所詮、子供の可愛い喧嘩だもの。簡単に仲直りできる思うわ」

QB「ふーん、喧嘩の度合いによって、修復できる難易度が違うんだね」

マミ「ねえ、それよりキュウべえ…。今日、私と『ルミナス』しない?」

QB「またー?」

マミ「そう、また」

QB「僕には感情が無いから、相手を思いやる気持ちなんてないというのに」

マミ「そんな事ないわよ。あなたの頬から、たっぷりあなたの優しさを感じてるわ///」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:41:33.78 ID:pOErC+fD0
杏子「さやかのやつ、あそこまで言うなんて…」

杏子「でも、あたしの方こそ言いすぎたかなあ…」

杏子「痛っ!おい、おっさん!ぶつかってきて何も言わねえのかよ…あっ魔女のくちづけ!」

杏子「近くに、魔女の結界があるのか…どうする、誰かを呼ぶか…」

杏子「いや、ここはあたし一人で魔女をぶっ潰してやる!ストレス解消だ!」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:42:06.36 ID:pOErC+fD0
結界の中

魔女「キエエエエエ!!▽○%※!!!」

杏子「おっす魔女さん!悪いけどあたしのストレス解消に付き合ってもらうよ!」

魔女「グオオオオ!!!」

杏子「なんだ気持ち悪い触手が!?」

杏子「わっ、こいつ強いぞ!」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:44:45.38 ID:pOErC+fD0
魔女の体から繰り出された触手が杏子の体を縛りつけた

魔女「ラメエエエエエ」

杏子「くそっ!動け!ちっ!びくとめしねえ…」

杏子「やばい…このままじゃやられちまう…」

杏子(さやかと仲直りもできずに、死んでしまうなんて嫌だ…)



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:47:27.71 ID:pOErC+fD0
「杏子!起きて!杏子!」

杏子「うん…」

さやか「良かった、気がついた…」

杏子「さやか…どうしてここに…」

さやか「えーと…杏子にちょっと言いすぎたかなあって思って、杏子が行った方角に行って見れば、魔女の結界を見つけたんだ」

杏子「そっか…、魔女は?」

さやか「あたしがケチョンケチョンに倒してやったよ」

杏子「強くなったなあ…」

さやか「でしょー、もっと誉めなさい!(本当は、杏子に気をとられてる隙に、後ろから不意打ちしたんだけどね)」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:50:07.18 ID:pOErC+fD0
さやか・杏子「あのさぁ…」

さやか・杏子「えっ?」

さやか「何?何か言いたい事あるの?」

杏子「さやかの方こそ、言いたい事あるんだろ?」

さやか「杏子から先言ってよ」

杏子「さやかから先に言えよ」

さやか「何でよ!こっちが譲ってあげてるのに!」

杏子「あたしだって気きかせて譲ってるのにさ!」

さやか「だから、杏子は…」

杏子「毎回さやかってば…」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:55:10.89 ID:pOErC+fD0
さやか・杏子「ふふふっ」

さやか・杏子「アハハハハハハ!!!」

杏子「馬鹿みたいだな、毎回つまらない事で喧嘩して」

さやか「そうだよね。あたし達ってホント馬鹿」

杏子「さやかよりはマシだと思うけどなあ」

さやか「まだ言うかあ」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:57:14.19 ID:pOErC+fD0
杏子「ごめん、さやか」

さやか「うぉっ!先に言われちゃった!」

杏子「あたしから言えって言っただろ、あたしもそう言ったけどさあ」

杏子「ごめんな、さやか。優しさが足りないとか言っちゃって。さやかが優しいやつだってのはあたしが一番よくわかってるのにこんな事言うなんて、ほんとごめん」

さやか「謝らないといけないのはあたしの方だよ。杏子が相手を思いやる気持ちがないとか、絶対にそんな事ないのに。本当にごめんなさい」

杏子「悪いのはあたしの方だ、さやかが謝る必要なんてない」

さやか「そんな事無い!あたしの方が酷い事言った」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:59:57.82 ID:pOErC+fD0
杏子「なあ、さやか。もう一回ルミナスやってみないか?」

さやか「え?」

杏子「今なら上手くできると思うんだ」

さやか「…うん、いいよ」

さやか「にしても、あんなに恥ずかしがってた杏子からお誘いが来るなんてね」

杏子「うるさい!」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 02:03:01.90 ID:pOErC+fD0
杏子「それじゃあ、あたしの方からいくぞ…」ドキドキ

さやか「来て…」ドキドキ

ぷにっ

さやか(ふああ///ほっぺたから、杏子の温度が伝わってくる!!!)

スリスリ

さやか(ううん、温度だけじゃない…杏子のあたしを思いやる気持ちが伝わってくる!!)



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 02:06:35.68 ID:pOErC+fD0
さやか「…今度はあたしの番だね」

杏子「うん…」

ぷにっ

杏子(ふええ///さやかのほっぺた凄く暖かい!!!)

スリスリ

杏子(ああ…これはほっぺただけじゃないんだ。さやかの心が暖かいんだ…)



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 02:10:53.18 ID:pOErC+fD0
さやか「気持ちの良いルミナスができた分、もう一度せずにはいられない。ルミナスって、そう言う仕組みだったんだね」

杏子「一回だけじゃ寂しいもんな。いいよ、さやか…もう一回してやるよ、いや何回でも」

ぷにっ スリスリ ぷにっ スリスリ ぷにっ スリスリ ぷにっ スリスリ
ぷにっ スリスリ ぷにっ スリスリ ぷにっ スリスリ ぷにっ スリスリ

そう言いながら、さやかと杏子の二人はほっぺたとほっぺたをスリスリし続け、二人が止めた頃にはほっぺたも空も赤く染まっていました。



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 02:13:05.85 ID:pOErC+fD0
次の日

まどか「おはようー、さやかちゃん。どうしたの、ほっぺた真っ赤にして」

さやか「おはよー、まどか。ほっぺたについてはちょっとね」

さやか(ちょっとほっぺたヒリヒリするなあ。でも杏子とのルミナス、ほんとに気持ち良かった///)

ほむら「おはよう、まどか、さやか」

まどか「おはよう、ほむらちゃん」

さやか「おはよう」

まどか「そうだ、ほむらちゃん。今度私と『コネクト』しない?」

ほむら「いいわ…放課後にね」

さやか(『コネクト』!何それ!?そんなんまであんの!?)



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 02:13:54.97 ID:87ysTr7x0
コネクトはヤバい



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 02:15:29.24 ID:pOErC+fD0
QB「どうしたんだい杏子、ぼーっとしちゃって」

杏子「何でもねーよ…」

杏子(ほっぺたが今でも熱い…、さやかとの『ルミナス』良かったなあ///)

杏子(ああー!!今すぐさやかと『ルミナス』したい!!)

QB「本当にどうしたんだい杏子!?壁にほっぺたくっつけてスリスリしてるなんて変だよ!」

杏子「さやかーさやかー」スリスリ

マミ「みんなも『ルミナス』のやりすぎには注意してね」

終わり



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 02:17:28.28 ID:87ysTr7x0

コネクト編はよ!



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 02:17:58.91 ID:pOErC+fD0
最後まで読んでてくれてありがとう
それじゃあ、まどっちほむほむマミさんさやかちゃん杏子ちゃんとルミナスしてる夢が見られるようにおやすみ



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 04:27:15.58 ID:T2Knd33pO
おつ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





こんな記事も読んでみませんか?面白い記事がたくさん☆


ゆりプラス+ 最新記事リスト


Twitterで人気な記事ランキング


タグ別関連記事リスト

Pagination

7378: 名無しさん

あんさやルミナス絵がすごく可愛いです!
  • 2013/03/06 22:22

7380: ゆりゆりな名無しさん

コネクトへと続くわけですねw
  • 2013/03/07 09:44

7382: ゆりゆりな名無しさん

コネクトが気になるww
  • 2013/03/07 17:17

7387: 名無しさん

いいね
  • 2013/03/08 10:33

7388: ゆりゆりな名無しさん

あんさやはケンカップルかわいい
  • 2013/03/08 19:10

7389: 名無しの散歩さん

コネクトで盛大に吹いたンだが・・・
  • 2013/03/09 01:34

7398: ゆりゆりな名無しさん

Mr.Nobody 世界を変える男

www.mrnobody.jp/


人類史上最大の転換点をあなたは見る事になります。
  • 2013/03/10 13:23

コメントを投稿

コメント:登録フォーム



オススメまとめブログRSS


ゆりプラス+ 人気ページランキング(2週間集計中)


Utility

ゆりプラス+について。


Twitterやってます。ふぉろーみー
このサイトについて


シャイニー☆

TOP絵募集中!
↑のリンクから募集ページへ!


|
お気に入りに追加できます。

TOP絵募集中!2015

ついったー

妄想中・・・

にほんブログ村 アニメブログ 萌えアニメ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 アニメブログへ

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

BS blog Ranking
track feed +
フィードメーター - ゆりプラス+
ブログパーツ ブログパーツ
ブログパーツ

\アッカリーン/ 特徴がないのが特徴


アクセスランキング(運営者様用)

検索フォーム(仮)

Loading

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
96位
アクセスランキングを見る>>

FX会社レバレッジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。